外付けhdd認識しない問題を解決|コスト削減と業務効率向上

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

故障の原因と度合

HDD

パソコンや外付けハードディスクの故障、それらのトラブルというのはいつ直面するか分かりません。企業内においてそういったトラブルに直面した際には、データ損失を回避するために迅速な対応が必要になるでしょう。しかし、焦って自社内で修理・復旧することはお勧めしません。素人が修理・復旧を行なうために間違った操作を行なってしまうと、逆にデータ損失を引き起こしてしまう可能性があるのです。そういった事態を避けるためにも、焦らずにすぐデータ復旧業者に依頼して修理・復旧を行なってもらいましょう。
データ復旧業者が故障したパソコンや外付けハードディスクを受け取った際には、まずその故障原因について調査を行なってくれます。その調査により、修理・復旧費用の見積もりが決まるのです。故障原因は論理的障害か物理的障害のどちらかで、論理的障害はプログラムの破損等が原因の場合に引き起こされる障害です。物理的障害は文字通り落下時の衝撃等の物理的損傷によって引き起こされる問題で、論理的障害に比べ物理的障害が原因となる故障のデータ復旧は難しいと言われています。そのため、修理・復旧費用も物理的障害による故障が原因の場合の方が高額になってしまいます。論理的障害であれば基本的にデータ復旧することが可能で、修理・復旧費用も比較的安価です。そういった故障原因に加え、故障の度合いによって費用が変化します。故障の度合いは軽度・中程度・重度の三段階に分けることができ、重度に近づくにつれて修理・復旧費用は高額になるでしょう。