外付けhdd認識しない問題を解決|コスト削減と業務効率向上

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

便利な共有ツール

ファイルとパソコン

中規模・大規模な企業において、ファイル共有というのは日常的に行なわれている業務でしょう。その転送手段としては、主に電子メールが使われているかと思います。しかし、電子メールによるファイル転送には幾つかの問題点があるのです。その問題点というのは、大容量ファイルが困難であるといった点や電子メールではセキュリティ面に不安があるため機密性の高いファイルの共有には向いていないといった点にあります。それらの問題を解決する方法は幾つかあり、企業内に自社サーバーを設置するというのも一つの手段です。しかし、自社サーバーの設置には社内ネットワークの構築を行なう必要があるなど、手間が掛かってしまうものです。ファイル共有サービスを利用することで、そういった手間を掛けずにファイル共有における問題点を解決することができるでしょう。
ファイル共有サービスというのは、ファイルの共有を行なうことを目的開発された共有ツールで、大容量ファイルであっても容易に共有することができるのです。この共有ツールであれば、外出中の従業員であってもスマートフォン等のデバイスを利用して共有されたファイルを閲覧することができる他、共有時にそのファイルを閲覧できる人物を制限することもできます。つまり、大容量ファイルの共有に関する問題とセキュリティにおける問題の両方を解決することができるのです。また、使い方によってはファイルの共有だけでなく、ファイルのバックアップ先としても活用できるため企業にとってメリットの大きなツールと言えるでしょう。